本文へスキップ

TEL. 054-366-3804

〒424-0832 静岡県静岡市清水区入江南町7-11

教会紹介CHURCH

清水聖書バプテスト教会の歴史

清水聖書バプテスト教会は、戦後まだ間もない時代に来日した宣教師ラバン・ラージャス師の働きによって始められた教会です。教会創立年代は1957年、およそ半世紀前です。初代日本人牧師は望月次郎師(現在千葉聖書バプテスト教会協力牧師)が務められました。新たな希望の種がこの町に蒔かれるようになりました。
1971年、現在の牧師である道下常弘師が牧師に就任されてからは日曜学校の働きが盛んに展開されるようになりました。現在も大人だけではなく、青年たちや幼い子どもたちも集いやすい教会を目指して教会を建てあげています。
これからも、清水区に建てられた教会として、この地域を愛し、地域に仕えていく教会でありたいと願っています。家庭的で集いやすい教会ですので、お気軽にお越しください。


    
  ラバン・ラージャス師        道下師&望月師ご夫妻       1980年代の写真

    
  現在の会堂           最近の写真           子どもサマーキャンプ

バプテスト教会について
「バプテスト教会」という名称を初めてお聞きなる方も多くいらっしゃると思います。
確かに、ここ日本ではなじみが薄い名称であるかもしれません。しかし世界的にはよく知られていて、アメリカでは最も多く存在している伝統的なキリスト教会です。
「I Have a Dream 私には夢がある」というスピーチで有名なあのキング牧師もバプテスト教会の牧師でした。1873年に来日した宣教師たちによって、日本でのバプテスト教会の歴史は始まりました。



スタッフ紹介

牧師 浜田献

静岡県出身。幼い頃から清水聖書バプテスト教会に通い、育つ。10代の頃から教会の奉仕に加わるようになる。特に日曜学校に携わる中で伝道者を志すようになり、2005年日本バプテスト聖書神学校に入学。2009年に神学校を卒業後、当教会の伝道師に就任。副牧師としのて奉仕を経て、2018年春に当教会の牧師に就任する。趣味は読書・写真・音楽等。
協力牧師 道下常弘

島根県出身。東京オリンピックのあった翌年、大志を抱いて上京。働きながら学んでいる間に(最初の動機は宣教師から英語を学ぶため)聖書の話を聞いてクリスチャンになる。神学校卒業後、30歳の時に当教会の牧師に就任。以来、45年以上にわたって、清水の地で聖書のメッセージを語り続けている。2018年春からは協力牧師として当教会と伝道所である千本浜聖書バプテスト教会で奉仕している。山登りが好き。
  

バナースペース

清水聖書バプテスト教会

〒424-0832
静岡県静岡市清水区入江南町7-11

TEL / FAX 054-366-3804

members.htmlへのリンク